マタイ6章14~34

それでは、マタイの福音書6章、『主の祈り』の後です。14節から見て参ります。『もし人の罪を赦すなら、あなたがたの天の父もあなたがたを赦してくださいます。しかし、人を赦さないなら、あなたがたの父もあなたがたの罪をお赦しになりません。』互いに赦し合うという必要、これは『主の祈り』の中でも祈られていましたし、『主の祈り』の中の強調点でありました。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について