「 ガラテヤ書の学び 」一覧

ガラテヤ3 章19~29節

ガラテヤ3 章19~29節

アブラハム契約、それはアブラハムと神との直接契約でありました。そこには仲介者などおりません。そしてアブラハム契約には、その子孫、ひとりの...

記事を読む

ガラテヤ3 章1~18節

ガラテヤ3 章1~18節

3章4章はパウロの教理的恵みの教えということです。ここではパウロの懸念というもの、危惧というものが表明されています。パウロが心配していた...

記事を読む

ガラテヤ2 章

ガラテヤ2 章

 ルターはこのガラテヤ人への手紙を受けて宗教改革を断行したと言いましたけれども、そのルターがこのガラテヤ2章の16節、17節のところで、...

記事を読む

ガラテヤ1 章6 ~24 節

ガラテヤ1 章6 ~24 節

 6節に『私は、キリストの恵みをもってあなたがたを召してくださったその方を、あなたがたがそんなにも急に見捨てて、ほかの福音に移って行くの...

記事を読む

ガラテヤ序論~1 章 5 節

ガラテヤ序論~1 章 5 節

 信仰は恵みに始まり、恵みに終わるわけです。すべては恵みの中に置かれるものだということで、ローマ人への手紙とガラテヤ人への手紙。これは私たち...

記事を読む